本日のウーバーイーツUber Eats#2

おはこんばんわぁ
初心者 配達員による
雨の日の売り上げ

アイトス 全天候型
レインジャケットを着て
配達した結果ですね。
汗でびしゃびしゃ
気が付いた14時には
浸透してました。
新素材はモンベル一択の様です。

多分だけど販売価格帯を決めて
商品開発して居ないんだよ!
要求性能を決めて
それを有する商品を
開発するというのが頭に在って
商品が世に出て来るから
雨カッパで驚く事に
ジャケットだけで
2万と言う価格帯が出てくるんだ
2000円では無い
20000円です。
考え方の違いで10倍も
価格差が生まれる

これは例えるならば
兵器開発エピソードの様にです。
要求スペックを満たすものを
作ったら数百、数千億ドルに
成りましたぁ
後はよろしくおねがいしゃぁす
的な(笑)


uber2.jpg
さて報告
誰にって(笑)
まぁ興味ありましたら
見て下さい。

初心者の状態だと
この位稼いで、ベテランだと
2000円とか3000円らしい
まぁ都内の数字ですがね
バイクが有れば、都内に遠征も
悪くないと思う
自転車だと、バス、電車移動に
レンタル自転車代が掛かるので
飲食費用も含めると
どうなんだろう問う感じですね

バイクだと、そのまま行って
対して体力も使わずに
距離20キロでも帰って来られる

隣の市まで運んで、帰宅するまで
寄り道はしたが1時間かかった(笑)
バイクなら帰路に体力を使わないで
済むというメリットが
バイクにはある
時速も20キロ前後から
30キロから60キロと
倍以上も速度差が有る
配達時間にも影響するね

現状対策として考えられるのが
電動アシスト自転車の
レンタルがあるんだ
駅周辺にはなぜかないの?
私の近所だと
1日レンタルで1000円
配達二回分に相当しますね。
電車代も含めると・・・
分でレンタルするつもりです。
体力的に楽に成るかの
実験、体験ですしね。
妄想から仮説を立て検証する
来れ大事ね

そう配達には効率化が
鍵だと思う
時間当たり3回配達できると
いい感じになって来る
回数こなせると、プロモーション
と言う数日以内に何回配達すると
幾らプラスで払いますよ
というモノが段階的に有る
ピークタイムの間に何回
配達すると追加で払いますよ
と言う何というのか
ボーナスの様な物が追加される
此方を達成する様に
配達が出来ると、収入が上がる
仕組みですね

序に都内だとこれに
ヒートゾーン? シミが有って
一軒当たりの追加報酬が
150円、200円、300円
プラスに成りますよ
と言うすごくおいしいエリアが
生物の様に数分単位で
動き回って居る様だ
逆にそれ外すと、私の様に
ショボい結果になる
自給換算で3000円を
月収換算で60万100万円
目指すガチな人は
都内のシミゾーン限定で
活動すると稼げますね。

例えば700円の配達がるとする
それに300円プラスで
一回1000円となり
さらに配達回数を一定すこなすと
プロモーションと
クエスト報酬が加算される
それを時間で3回から
4回配達できると、伝説の
100万が見えて来る様に成る
ガチならね


今回は
プロモーション¥1,212を得られて
自給換算で1486円となった。
ベテランはプロモーションを
重要視して居るらしい
理由ここにある
なんせ660円や770円計算が
一気に倍以上に成るのだから
プロモーションは重要です。
自転車で、これなので
もし、バイクなら自給換算で
2000円台をコンスタントに
稼げる可能性が
見えてきたと思われます。

新規でウーバーイーツ
で初期投資を抑えて自転車で
小遣い稼ぎしたい人
もう少し本気で稼ぎたい
あわよくば本業にしようと
考えて居るなら
自転車の場合は最低でも
正午と夕方に6時間稼働できる
体力を付けれる迄キツイと
言う結果が出てますね
ほぼ毎日となると、体力お化け
元陸上自衛隊なら行けるかも?

バイクの場合、最初は神経疲れも
有るだろうが
肉体的には自転車と比べると
疲労は極端に少ないので
可能なハズです。


以上です ではまた(^^)/ヨロシク
ありがとうございました。
Victory of the Light



この記事へのコメント