Uber Eats フードデリバリー装備品/自転車編

おはこんばんわァ
やはり、この時期ヤバいなぁ

では始めよう
久々に? 過去に在ったのか?
連載、シリーズ物です。

前回はスマホをゴミ箱に落として
気が付かずにゴミ出しして
と言う珍事をお話しました。
もう少し内容が濃かった様な
何か違う気がするがまぁ良い
気になる方は、前日の記事を
読んで貰おう

今回は手持ちの
マイ自転車を改造する お話
目次的には電動アシスト要ら無くねぇ?
どの様な改造をするのか?
に別けて在ります

電動アシスト要ら無くねぇ?
結論から言うと、電動アシスト
不要かもしれない!
どいう事かと言うと
ギヤーの交換できる、スポーツ
自転車ならば、自分の足に合わせて
変えてしまう事が出来るので
アシスト要らないよ
自分の足に合わせてしまえば
漕ぎ出しも軽いし
常識の範囲の坂なら
シッティングで登れます。
座り漕ぎですね

脚力の必要な無理な
ギヤー比で漕ぐのを止めて
楽に進めるギヤーを選択しながら
漕げば、電動アシストは要らない
と言う話です。

要するに負荷に応じて
変速する機構が有れば
アホでも楽に漕げるという話
AT自動車の様にね
言い過ぎ感は在るけど
要するに、そいう事だよ

のっけから、流行を
否定して居ますが、仕組みを
理解できれば、流行に
左右されない
要は知識と言うか直感ですね。

それでも、多分ですよ
アシスト有りの自転車
知らんので(^◇^)
オイオイ 今更かよ
距離を走れば体力に
変化が在るかもしれない
例えばですよ
行き50キロ走った
帰りの50キロが楽かも
しれないという話
配達となると
ストップ&ゴー
この繰り返しですね
数をこなせば、堪えてくるからね
うん、何とも言えなく
成って来たぞw

と言っても
サイクリングが趣味で
スポーツ自転車が有って
最近乗れてないなぁ
と言うのであれば
配達用に改造してしまうのも
大ありだと思う
改めて配達用にと言うならば
通勤用とされる
程度ケイデンスで
走れる電動アシスト自転車を
買われると言い
送迎使用のは、低ケイデンス用なので
重い車体を重いギヤ比で漕ぐので
電力も体力も使う

何故、ママチャリを否定するのか
基本的にだね、知っての通り
ママチャリとロードバイク
速度的にも倍以上の
差が有るのは、ご存知だと思う
それだけ、ロスが少ないんだ!

もう少し具体的に
ママチャリは
低ケイデンス、ペダルを漕ぐ
回転数をケイデンスと言うのだけど
これが、30から60ぐらい
スポーツ自転車は比較的
軽い力で高ケイデンスで
走る乗り物で60から120
この辺りで漕いで乗る乗り物で
ママチャリは重く固定された
ギヤーを低ケイデンスで回す。
想像しただけで疲れてきます。
だから電動アシストが持て囃される
理由ですね。
自動変速にすればいいと
思うけどね
でも難しそうだ

変速機が付いて居る
ロードバイク乗りでも
変速はあまりしないと聞くしね
構造を理解されてない事が
起因していると思う。

さてスポーツ自転車はそれとは
対照的に時々に合わせて
軽いと感じるギヤを常に
感じ取って選択して
高回転で回して漕ぐ自転車
対照的ですね。
速度を上げるには、ケイデンスを
上げる、速度が乗れば
ギヤーを変えればいいと
言う事なのです。

結果、速が上がって行きます
脚力による限界が在りますがね

だから、ママチャリは
仮に20キロメートルが限度だとしても
スポーツ自転車なら50キロ
100キロ走れてしまう。
早い遅い、時速何キロ出た!で
議論されるけど
私の考えは違って、楽にどれだけの
距離が走れるか?
論点が違うんだ!
だから、ママチャリは苦行なのです。


どの様な改造をするのか?
私は、背負うのが余り好きでない
嫌いではないが、好きではない
証拠と言うか、大小何種類も
バックバックを持ってます。
最近は、あの妙にデカく四角い
デリバリーバックも
増えましたしね(^◇^)

でねぇ
バックを背負う時にどうしても
斜めに傾けて
振り回す事に成らない?
其れってどうなんの?と言う
疑問もある
そして、アレ背負って居たら
冬でも汗かくよネ?
真夏の炎天下なら?
ホッカホカの料理を運ぶのですよ
もう、カチカチ山の狸さん状態ですよ!

どんな例えだよ
そもそも燃えて無いし

で考える

オイオイ無視かよ

背負わなくても良くねぇ?
そもそも、デリバリーの人
先人達は、あの箱の付いたスクーター
郵便屋のカブ
アレが正解なんだよ!
完成に近い形態なんだ

成らば、自前の自転車で
再現すればいい訳だね
幸い、カスタムパーツは世に
複数あるので後は適切な選択を
出来れば良い訳だね

答の前に
私はミニベロが好きでねぇ
お洒落で可愛い、そして格好良い
相反するような要素を兼ね備えている
小径車は、その名の通り
タイヤが小さい、だから
より多く回さないと成らないから
タイヤが消耗するし
メリットが無いという
しかし、考えてみよう
オートバイは?27インチや
700cのサイズですか?
14インチや17インチが支流
その論調は無意味です。

小径車(ミニベロ)は?
そうです タイヤが小さい
大体20インチです
さらに規格が分かれていて
406や451と在りますが、取り合えず
置いて置いて、タイヤが小さいという
所がメリットなのです。

リアキャリアは通常はタイヤの上に
設置しますね、27インチなら
その分、高い位置にキャリアを
設置しなければならない
機械構造的にね
そうすると、27インチの自転車に
取り付けるよりも
キャリアの高さを下げれると言う事
下げれると何が良いのか?

デリバリーバックを上から
開けて、出し入れしますね
その時の開放部、口の位置が
下がります。
要するに上から見下ろす
形になるので
出し入れが比較的易いし

最初は下のシートポストに
取り付けるタイプを選び設置
して見たのだけど
折り畳み式ではなく
普通の固定式なので
位置が高すぎるなと感じだ

これはシートポスト設置型
なので折り畳み自転車であれば
其れなりに低い位置で設置できる。
普通の26インチ
クロスバイクとかに取り付け
出来ます。



何だかんだと、今現在
此方を設置している
シートプスト周辺に
ダボ穴と言う、ネジを使える
部分、ハードポイントが
在る筈なんだ!
両側に同じ高さと位置に
1カ所ずつだね

それで、26インチからと
書いて有るが、ディスクブレーキの
20インチミニベロにも
取り付け出来ました。
無加工でね
若干後ろ気味に見えますが
デカいバック載せるし
まぁ良いじゃない?

これだけでは、ウバックを
固定できないじゃないか
その通り、そこで此れを使う
方法もある

伏線入れて来たぞ


一般的によく使われてますね
スクーターで配達している人も
これ付けてました。
私は、車体が重くなるし
普段使いにコレは・・・
スマートさが・・・
スタイリッシュな感じを
成るべく保ちたいので
止めたんだ
でもね、バックにマジで
丁度良いサイズ感です。
買い物と配達専用機にするなら
お勧め出来る


最もお勧めする改造パーツは?


こちらが超お勧め
バックを脱着式に出来ます。
ワンタッチで外れるので
そのままで玄関先まで
持って行けます。
オマケにバックの底面に
下駄が付くの地面が
濡れていても、砂の上でも
土の上でも気にしないで良い

_MG_1956.JPG
グレー色の樹脂部品は
バックの底面に取り付けます。
付属のネジでは長さが
足りないので


5×20の低頭ネジ を使用します。
私はホームセンターで
買って来ましたが
トラスネジでもOKだよ
55本も要らないけど
この形状が理想的かも



_MG_1962.JPG
金属ワッシャーだけでは
長期で考えると
裂ける可能性を察したので
3Dプリンターで樹脂ワッシャー
を作りまして使用して居ます。
無い方は、100均とかで
売られている樹脂の板を
切って加工して代用されると
良いと思う



_MG_1969.JPG
設置位置ですが、写真を
参考にして下さい。
ただし、側面をシート側で
開口部を車体の左側に
来る様に成るべくスマートに
成る様にと考えてこの様にした
別に背面をシート側にしても
良いと思いますよ
その場合の配置はご自分で
検討して下しさい。




余談ですが、緩衝材は如何する
この問題は課題ですね。
現在これの5cm厚のを使用して
居ますが3cmで十分だと思う。

購入予定の緩衝材に
ハネナイトスポンジと言う物も
在ります。
当時はハネナイトシートしか
知らなかったので
ハネナイって何?
説明しますと、略略の衝撃を
衝撃を吸収できるゴムと説明
して置きますかね
私も実験したのですが
知る限り抜けてる性能です。

レビュー見るとトイガンを
連射しても、BB弾がポロポロ
当って落ちると在ります。
普通はBB弾何処かに弾かれて
飛んで行きます。
映画マトリックスの世界ですね。
その位に衝撃を吸収できます。



これ2枚使用する事に成りますね
4000円弱となる
二度足踏む理由です。
効果は在るのだと思うけど
今のままのソフトな感じが良いのか
少し硬めが良いのか?
まだ答えが出ませんね。

ともかく、サスペンションの無い
自転車の突き上げる
衝撃と振動を如何に緩衝するか
これが課題ですね。


次回は何だっけ?

そうそう、服装だね
以上です ではまた(^^)/ヨロシク
ありがとうございました。
Victory of the Light

この記事へのコメント