サバゲーの装備について考えて観た:前編トイガンを選ぶ

おはこんばんわぁ
まぁこのご時世なので、サバゲー
行って居ない人も居ると思う
では何時収まるのか?
今現在の私たちの考え方が
続けば収まらないし
このままの考え方を
維持したいと思うならば
そもそも論に成るが
人が住めなくなるのだよ
作物も育たない
サバゲーが本当にサバイバルに
成ります。
勿論、物質主義、主本主義の
ままならですよ
この惑星に住まわせて
もらって居るという考え方
アイヌの考え方です。
そうならなければ、ノミの様に
排除されます。
それに備えて富裕層は
辺鄙な所に土地を購入して
有るそうです。

と言っても
サバゲーは、したい><
するのであれば、装備品に付いて
アレコレ考えて観よう

先ず、エアーソフトガン
皆がエアーガンと言って居る
トイガンですね。
エアーガンと言うと狩猟用の
免許が必要なライフルが在るので
誤解の無いように世界的には
エアーソフトと読んで居ます。
0.9ジュール以下をエアーソフト
として居るのです。
それ以上は免許が必要だね
だから、この国でも許可を
取って居れば
狩猟用として殺傷力の高い
大変危険な銃火器を所持する事が
可能なのです。

さて分類の話はこの辺で
トイガンと
ここでは統一して置きます。

トイガンの種類
トイガン様々なサイズ形状が在ります
大きく分類して
・アサルト&バトルライフル
・ボルトアクションライフル
・ショットガン
・マシンガン
・サブマシンガン
・ハンドガン(ピストル)

凄いラインナップですねぇ
マダマダありますよ
機構の違いに成ります
使用する弾は一律で6mmBB弾が
主流です。一部のメーカーで
8mmBB弾を使用する
モデルが出されて居ますが
基本的に6mmBB弾のみで
話して行きます。

では機構の違い
・空気蓄圧式(エアータンク)
・冷媒ガス式(ガスガン)
・Co2ガス式(ガスガン)
・コッキング
・電動コッキング(電動ガン)

最初に上げた空気蓄圧式は絶版ですね
黎明期に出現して主流だった
方式で法改正の切欠を
作りだしたと言っても過言ではない
実際にトリガーを引いたのは
ヤンキーですがね(^◇^)
彼等の言動は何時も規制の対象に成る
派遣社員制度とか詐欺の類は
彼等の中のずる賢い人たちが
作り出したと言っても良い
どれだけ、道から反れて居るかが
お分かり頂けると思う。
悪しき派遣社員制度は
小泉純一郎が認めてしまった。
その話は、さて置いて

冷媒ガス式にはCo2ガス式と
2種類あって、どちらの最初の
蓄圧式と近いですね。
同じでは無いです。
冷媒ガス式には、リキッドチャージ
まぁエアコンなどに使用されている
冷媒ガスの入って居る物なので明確に
冷媒ガスと私は呼んで居る
各社メーカで誤魔化す為に
様々な名称の商品を出して居ますが
缶を見てガスの種類を調べると
誰でも知る事が出来ます。
要するに
ガス缶からマガジンの形状をした
タンクにチャージする方式

Co2ガス式ですと
小型の17gほどのCo2ガスボンベを
マガジンの形をした中に仕込ませる
方式ですね
ただ、圧力が2MPaを超えるので
内部で0.4~0.5MPa辺りに
減圧して使用されます。
安定性はこちらですね。

ガス式の中に分岐されて居て
固定スライドタイプと
ブローバック方式が在ります。
また後で取り上げるね


コッキング式
こちらは、古くからある最もシンプルな
方式ですね
電動ガンの原型ですね
仕組みはシンプルで、早い話
注射器と同じコルクガンも同じですね。
シリンダー、ピストン、コイルバネ
の3構造に成って居て
一度ピストンを引く
その時にコイルバネも圧縮され
引き金を引くとピストンは
解き放たれ、前進する
その時に先端に詰まって居る
コルクなりBB弾は空気の力で
勢いよく押し出される
これが、仕組みです。
このお陰で、構造もシンプルで
小型化できる
種類としては、大まかに
ボルトアクションに採用され
コッキングハンドガンもコレ
ショットガンタイプでも在りますね
最大の強みは、BB弾と人力で
発射可能な点です
その反面、人力ゆえに
連射が出来ない
速射は出来ますよ
なにが違うの?
え?

連射は、連続して発射できる
速射は、次弾を比較的
素早く発射出来る
具体的に例えると、
連射なら
10秒移間に100、200撃てます。
速射なら
10秒間に10発撃てるかなぁ?
と言う違いで同じではないでしょ?
同じ扱いをする人が目立ちますが
似て非なる物ですよね?



電動コッキング(電動ガン
仕組みは、上記の通りで
その仕組みに電気モーターの力を
借りてピストンを引っ張る
と言う事です。
なので、複雑にはなりコストが
跳ね上がるが
電子制御がし易いので
単発、短連、連射と自由自在
外見を銃火器の形にして置く必要すら
疑われる構造ですね
むしろ全くないと言い張っても
何ら差支えが無い
良い事だけでは無くて
電気が無いと作動しない
という点がコッキング式とは違う
それと、構造的に隙間と言うか
遊びが必要で、そのマージンが
精度に反映されやすい
ただ今後、サバゲーの遊び方が
変わる可能性が在るので
余りメリットが感じられ
なくなるかも


サバゲーに最適なトイガンは?
これは個人的見解でもある
装備品をアレコレ考えるにも
基準に成るのがトイガンなのです。
何種類も何丁も持ち出す人居ますが
大変ですね。

ライフル系ならば、マガジンも
大きく、収納場所も必要
ただ持ち歩くには
少々重いので、ベルトを付けると思う
事をして使って居ると思う
ビデオゲームでは気が付かないと
思うけど、とにかく
動きを何所までも妨げ
体力も削りまくります。
持ち歩くにも、スタートダッシュ
遮蔽物に着いてからも
容赦なく妨げてきます。
動きが確実に制限されます。
隠れる、構える、避ける
移動、全てです。
ではどれだけの
メリットか? メーカも雑誌でも
先輩たちも
一押しのアサルトライフルには
それはもう、あふれ出るほどの
利点が有るのだろう
実は余りない えぇ
と言いたくなるだろうが現実だ
距離が大きく違うのでは?
思うでしょ?
実銃なら・・・と言う洗脳がある為
思い違いをしてしまう
外してください。
意味無いから

Mac堺さんの動画をよく見て観て
凄く撮影に気を使い
非常によく撮影出来て居ます。
特に野外の試射動画です。
ハンドガン、次世代電動ガン
比べて観て、何か気が付くはず
多少、Macさんのホップの
サジ加減が毎回変わるのは
確かに有るけど
基本的に30m辺りからフワッて
弾が上がりだしていると思う
これは、ガス式ハンドガンでも
実物よりも高価な次世代電動ガンでも
大して変わりません。

そう皆が思い込んでいる程
メーカーがPRしている
割には大差ないのです。
だって、初速に制限が掛かって
ますからね
それでも、違いを出さないと
物が売れないので、次世代は
結構強気の0.2計算で0.9j辺りに
m/sで言えば95m/sや96m/sに
調整されて居て、きわどいですね
気温が高かったり、標高が低いと
危険ですねぇ
使用できなくなります。
ノーマルなのに初速オーバーして
使用できなかったなんて話も
聞いた事がある。
M14ライフルも同じ様に
オーバーして使用の許可されずに
レンタルガンで遊んだとか

これが、次世代が良く当たるとか
飛ぶという幻覚を作り出して居る
と言える
初速が速いので、弾が浮かび上がる
タイミングが送れるのです。
エネルギーが30m地点で残って居る
と言う事が予測が付きます。
そもそもJ(ジュール)表記です
さらに着弾までの時間も短い
因みに自衛隊では弾着と言うらしい
掌握しましたか?
この弾着迄の時間がライフルが
有利に働く利点です。
それとモータを強力なタイプが
幾つも各社で出されて居るので
サイクルを上げて、瞬間的に
弾幕は張れると言う利点がある
この二点かなぁあ
動作音がうるさく
重く構えて居られないと言う
デメリットが有るけど
一秒もトリガー引いて居れば
結構な数の弾が飛んで行くので
ショットガンの様に標的に
複数個の弾が弾着します。

良く体験するのが、面でBB弾が
飛んで来たぁなんて叫びを
よく聞くし
そいう場面に出くわす。
それだけ短い間に弾を
発射できるのです。
バリケードに当たる音は
当たり前だけど
バラバラですけどねぇ
人の眼には面に見える(^◇^)

初速の利点と言うと
VSR-10即ちボルトアクション
初速を限界まで詰めれて
尚且つ、0.28gと言う国内の
レギュレーションでは最大級の
BB弾の重量をもつ弾を使える訳
エネルギー保持性が高いので
直進性が高く風等の大気の揺ぎにも
比較的適応できる
実銃で言えば狙撃銃は重い弾を
使用しますね、同じ効果が
あると言う事です。
ただ、エネルギー保持力が
強くなるので、当たった人は
痛いです><
なので、0.25までと言う
フィールドが出て来たと言う話も
ヤな流れですねぇ

ボルトアクションの利点は
構造的にクリアランス
(遊びが少ない)、空気圧も
略一定、BB弾の保持も略一定
これにより、初速も安定する
さらに0.28gBB弾の使用が
許可されて居るので
より遠くへ安定して飛ばせるので
狙った所へ弾が飛ぶ
この狙った所へ飛ぶという
感覚が魔性を持って居る(^◇^)
これも、ギリギリを攻めるので
使用できない時がある。
此ればかりは、家で測定しても
現場で初速オーバーして
使えない事が多々ある
カスタムは程々に!

「狙った所へ弾が飛ぶ」
ステータス全振りトイガンが
ボルトアクションと言う感じだね
完全に趣味性しかもハードコア
変態です。

次世代トイガンは
英国貴族のフォックス狩り

まとめに入ってしまった(^◇^)

まだ終わらんよ

マシンガン系
好きにしてと言う感じ
自陣から動けそうも無いしね
唯一の利点、フルオート長時間
発射、これを禁じている
フィールドも在る
トリガー引きっぱなしは
しないで下さい
あちゃぁ
最早最悪なトイガンですね
アホみたいに値段が高い上に
アホみたいに重い
移動できないので戦力外
肝心の連射力封印
これ以上語っても、切ないだけ
オワコン

 
ハンドガンやサブマシンガン
私は、この辺を一押しして居る
知りたい? さぁ座りまたえ
ウイスキーでも一杯どうだい?
先週、良いのが入ってねぇ
どうだねぇ

サバゲーに置いては
室外、室内問わず
ハンドガンやサブマシンガンに
アドバンテージが多い事を
説明していこう
この記事の中核です
これまでの話は?
グーグル対策だけどぉ

ハンドガンやサブマシンガン
これらが、有効な理由

初速制限に引っ掛からない!
来れ大事です。

ガスハンドガンの場合、極端な話
手のひらサイズですよね
全長30センチも無い
2キロなんて重さも無い
大体1キロ未満
飛距離はトイガンなので
極端に変わりない
5m位かな?

悪い利点は
・弾数が少ない
・弾速が比較的遅い
・狙いが正確でない

この辺はねぇ
電動ハンドガンにすると比較的
克服できてくる
弾数は100発辺りまで増やせる
弾速は、カスタムで多少増やせる
狙いもカスタムパーツで抑えられ
そもそも、ブローバックと言う
無駄と言ってもいい様な構造を
持たないので、射撃時にブレない
無駄に重たいマガジンを
持ち歩かなくて済むし
コストを大幅に抑えられる
例えばガスガンなら
高価で無駄に重いマガジンを
400gから600g有るモノを
何個も購入し持ち歩く必要が無い

電ハンだとマガジンは”割り箸”なんて
言われる細く長いマガジンを
持ち歩く事に成る
収納スペースは少なくて済みますがね
ロングマガジンにすると
幾分が扱いやすくなり、弾数が増える
30発が100発になる
2個持って置けば15分は持ちます。
ワンゲーム200発ですね
其れでなくなると言う事は
ヘタすぎ><

一押しサブマシンガン
サブマシンガンになると
電動ハンドガンの一部の問題点を
カバーできる
・マガジンが小さすぎる
・正確に狙えない
この辺ですね
もう少し具体的に
ノーマルの場合
通常サイズのマガジンで
30発が50発マガジンと拡張さる
ストックを使える様に成り
光学サイトが利用可能になるので
素早く正確に狙える様に成る
ただ若干、重要増には成るけど
利点の方が多いいかな

東京マルイさんの蓄積された
設計のノウハウが凝縮された構造
価格を抑えて、安全マージンも取り
ゲームで使える性能を小さく
纏めて来たのですから、凄いよ

サバゲーでマイクロメカBOX
これが良い仕事します。
初速だけに拘らないならば
電動ガンの技術の集大成
ガスガンで無いのに
コンパクトなボディーに収めてあり
スタンダードタイプの
電動ガンと大差ない性能を
出して居るのですよ
驚異的です
これこそ日本の技術です。
べた褒め(^◇^)

技術の話は良い
ゲームで使えるのを教えてくれ
と言いたいでしょ?

MP7A1のカタログスペック
可変ホップアップシステム搭載
フルオート(連発)/セミオート(単発)切替式
全長:380mm/590mm(ストック伸長時)
銃身長:182mm
重量:1,390g(バッテリー含まず)
弾丸:6mmBB(0.2~0.25g)


ブルバック式でメカボックスが
後方にあり樹脂に覆われて居るので
静穏が比較的有る
小型で軽量でストックを出し入れ
出来る構造なので、フィールドワークで
生きてきます。
具体的には
”開幕ダッシュが楽”
ストックを畳んで置けば
全長380㎜で仮に
100㎜サイレンサー付けても
500㎜も無いコンパクトさ
セミオートで闘えば、比較的静なので
喧しいフルサイズ電動ガンに
”紛れて位置バレし難い”
コンパクトで比較的静かなので
銃が目立たない、小回りが利く
遮蔽物に隠れやすい、隠れながら
射撃も出来ると言う事から
”裏取りし易い”と言うメリットがある

MP7A1は全線で相手チームを
掻きまわす事も出来るし
裏に回って、挟み撃ちも出来る
あわよくば、フラックゲット!
マルチに活躍できます。
狙撃手が・・・
それ必要?
陣地に15分間ただ、じっとして居る人
要らないと思う
そもそも、何しに来たの?
スナイパーライフル使うなら
人が来ない山や林に川に行って
的当てしている方が絶対楽しいよ!

サバゲーで使うなら
サブマシンガン、これで決まりです。
慣れてきたら、全長1メートルと
近い長物を使って、取り回しの悪さを
あえて楽しむと言うスタイルが
良いと思う
その流れで、スナイパーライフルも
十二分にありなのです。

MP7A1には、なんしろ利点は在る
リポ化しないと微妙では有るが
本体価格が2万切ります。
100連マガジンも2000円
しなかったかな?
2本買って置けばいい
バッテリーも2本あれば十分
初期投資が安くて済むのです。
内部カスタムすると化けるしね
奥深いトイガンです。

忘れてはならないのが
運搬も楽ですよね
本体重量1.4㎏、全長380㎜
電車やオートバイで行かれる方の
強い味方ですよ
バイクなら大き目のトップケースに
一通り入るしね
電車なら、バックパックに全て収まる
長物は実銃と同じで、長く重い程よい
と言う植え付けられた
先入観を持たないので有れば
最良の相棒に成る



ハンドガンとアサルトライフルの
立ち回りの違い


バリケードに隠れて、ひょこって出るにも
被弾経路に大きな違いが、現れるんだ
トイガンなら別に両腕を
延ばして反動を抑え込む必要は
全くないので、略略手や肩だけ
目も十に近くて構わない
カラのカードリッチは
飛びださないしね
反動は無い、作られた幻想に従う
事を止めて、真実を知り
理解できれば見えてくる
世界が在るんだ

最近は光学機器が主流なので
ハンドガンと目の距離を
取らなくていい訳
10センチも離れなくていい(^◇^)
そうするとバリケードに凄く近い
ピッタリと張り付ける訳だ
アイアンサイト削り取っちゃねぇ!
代わりに20ミリレール付ければいい
実物と違うと言うでしょ
そもそもトイガンだぞ!
何でもありだ

相手から見たら?
ハンドガンと手に体も露出が略ないので
ほんの僅かなサイズにしか見えない
音も比較的静か、数発外しても
気が付かない事が多いい
実物の構え方なんて、常識、お作法を
完全無視、完全廃棄処分すると
トンデモナイ隠密プレイが可能なんだ
タクティカルトレーニング
悪いが、大して意味を成さない

電動サブマシンガンだら
ハンドガンの様なサイズ感で
ストックが使用できるので
遠くを狙い撃ちする際に有用に成る
その場に合わせて、畳んだり
延ばしたりと変幻自在
移動に関して言えば
ストップ&ゴーがし易く
体力の消耗も抑えられる
後半バテバテでもう帰りたい><
なんて事はまず無いだろう
同じ代金払って居るのだから
最後の最後まで確り遊んで
帰りたい物です。

一方ライフルだと?
ライフルはバリケードから大きく出て
それに伴い体の露出も大きくなる
バレルの長さ分
バリケードから離れてしまう
動きも鈍くなるねぇ
バリケードとの距離を締めるには
無理があるねぇ
可能な競技スタイルも有るが
あれ、疲れない?
ミリタリー方式なら
モーションも大きく成るし
色々イメージしてみて

と言うトンデモナイお話を基本に
すると、ある程度必要な
トイガンが見えてくるんだ
・ソーコムmk23
・電動ハンドガン
・コンパクト電動ガン
・コッキングハンドガン

どれも40mは撃て当たるが
30m以内に入ろう
もしくは、スタートダッシュで
良いポジションで射程内に入るまで
大人しく待つ、後はサイレントキル
フルオートにすると
位置バレるからねェ 厳禁
スタートダッシュで位置に姿を
観られていても、こちらから
存在を知らせなければ
移動したと思うので
マークされ難くなるんだよ
獲物を探す動物は動く物を
認識するからね、動かなければ
見つかり難い

まぁこれ皆がやり出したら
ゲームに成らないんだけどねぇ
全員がスナイパーに成って居る
様なモノだ(^◇^)
もう「ダルマさんが転んだ」
って動いたら負け




ではでは、ぺんぎん村長
お勧めのトイガンは?




MP7A1 TAN 村長一押し
Amazonプライムで20103円
安く成ったねぇ
必ずリポ化して下さいね。
しないと微妙過ぎる玩具だから
以前持って居たトイガン
買い戻したい><
初速を90m/s台まで強引に
上げるカスタムもあるらしいが
私は勧めない
このモデルの特徴は
初速では無いからだ!
強引なカスタムするなら
プレイスタイルを少し変えて
やれば済むでしょ?
壊れないで済むし、改造も直すのも
それなりに費用も掛かるし
手間だしね、良い事ない



こちらも、銃身が略同寸で
インナーバレルも同じ
MP7A1はちょっと いう方に
値段はこなれて居るMp7よりは
若干高いですね。
その分設計が新しいので、問題点は
直されていると思う。




メカボックス的には、アサルトライフル
なのですがね、プルバック式
なので、全長が短めでインナーバレルが
長いという特徴がある
サイズの割にはよく飛びよく当たる
そして静で取り回しも悪くない
連射力はカスタムしだい
短くて太いサップレッサーを
装備すると軽快さは保たれ
隠密性を得られます。
細いと吸音出来ないんだ
ファットサイレンサーと言う商品がる


私はこの辺の長さが限度だともう
KM企画 汎用 M14ネジ正逆対応
40ライトウェイトサイレンサー110
Amazonプライムで4080円




SOCOM ソーコム Mk23 サイレント 消音加工 忍 かげぬい オーガイーター
Amazonプライムで25900円
命中精度は高いですね
問題はトリガーが重いので人差し指で
弾くと本体がブレる
私は中指でトリガーを弾いている
邪道だ邪教だぁ そんなもん知るかぁ(^◇^)
Mac堺さんも、静かに成りますねぇ
と評価して居た。

Mk23 をカービン化したら
メチャ怖いよぉ
メープルリーフのパッキン付けらた
48m当たるからねぇ

噂のメープルリーフのパッキン
最近は国産で出てますので
追々それを購入する予定
Amazonプライムで1330円




東京マルイ M93R
Amazonプライムで12202円

電動ハンドガンの中では
命中精度が高く
ロングバレルに変更すると
10mで30mmとか
精密射撃競技銃並に成ると言う
と言うデーターがある

NINE BALL 電動18C&M93R対応
ロングインナーバレル
Amazonプライムで3119円
初速も上がるよぉ

デンハン壊れて居るので
買い替えるならコイツですねぇ


これらの特徴はインナーバレルが
同一モデルの中でも長めのバレルが
使用されている点です


ホップパッキンは

KM企画 マルイ電動ガン対応
EPホップチャンバー用
ウレタンラバーチャンバー55
Amazonプライムで1548円

こちらも、良いデーターを出して居るねぇ
ロングバレル化したM93Rなら
10mで20mm台に収まるかもよ?
データからすると30mでなら
30cm以内に収まりそうですよね
恐ろしい
実際に購入して遊んでみたいですね。
狙った所に当たるは 魔性が在るので
中毒です。(^◇^)


エアーコッキングは、上級者向けかなぁ
それでも、私は腰に忍ばせて置こう
サイレントキルできるよ
ポン と言う音しか出ないから(^◇^)

それでも、教えてくれと言うならば

グロック17L HG 18歳以上エアー
HOPハンドガン
Amazonプライムで3352円

決め手はレースガンが
好きだからと言いたいが
それだけではない!
電動グロックで購入してある
ホルスターが使えるからもあるし
このシリーズの中で全長が長い
即ち、インナーバレルが長い
可能性が高い
中間か短めの方でシリンダー容量を
計算して居るだろうから
初期モデルでね
それより、長ければ
初速も上がり精度も上がる
飛距離も上がる
と言う目算が成り立わけ
比較だからね


まとめに入ると
上手くなりたい、もう少しヒット
取りたい、前に出たい
と思うならば、サブマシンガン
コソコソひそひそ作戦で行きたいなら
ソーコムMK23
カービン化カスタムで決まりだねぇ

格好良くランボープレイしたいなら
ライトマシンガンのミニミニで
暴れるのも有だ


それでは良きトイガンライフを
以上です ではまた(^^)/ヨロシク
ありがとうございました。
Victory of the Light

この記事へのコメント