ミニベロ・ロードM451SD KHS

おはこんばんわ
ここ数年のブーム?ミニベロを買って見たね
余り可愛らしさが出てないですがね(笑)
ミニベロです!

ミニベロの可愛らしさとは何か?
何だろう

やはり、小径車20インチ以下に在ると思う
さらに、フォークの短さ
短足感が可愛らしさを、かもしだして居る様に思える
皆は同だろう?

そうなると、イの一番で上がる名は?
ダホンだと思う、次にターン
検討していた車種もターンのサージュだった
息子が求めていたのは先進的な
試みだったのだろう
カーボンのエアロフレームミニベロも
作って居るねぇ

surget.jpg
拝借した画像

サージュ、ブルーが活かしているでしょ?
おまけにエアロフレーム意味不明と声が
在りそうなデザイン
これが格好いいんだよ
短足だけど一目ぼれした一台です。


以外に折り畳みでは無かった
折り畳みは、確かに便利ですが、フレームが
硬いイメージがぬぐい切れず
実際固いと思う、それを緩和する為に
サスペンション付の車種も出てますよね
殆どMTBだけど、それはそれで好いなぁ
と考えても居た。

もう一つ
折り畳みの問題点は重量が10キロ越え当たり前
それと、2万程度で買えるミニベロも
同じデザインのフレームでしょ?
真似て造ったのだから仕方が無いが
ターンやダホンのロゴが無ければ
パット見た目、判別出来ないであろう
そう、個性を出したいのに個性が出ない
個性派と言えば、ドッペルギャンガーも
魅力的なデザインですねぇ
フレームだけの素体と考えれば有かもなぁ
なんて思う

まぁ色々悩んでいた訳

IMG_2242.jpg
拝借した画像

次に候補に挙がったのがこちら
M451SDのクロームシルバーモデル
一目ぼれした!

惚れ症だなぁ

しかし、何所の自転車屋も在庫なし
メーカにも無いとの事
無いと言うのはダホンのサージュも同様だった
そこで気が付いた
意図的に生産量を限定して居るんだぁ
高価な物ほど生産量を制限し
値段の調整をして居る
業界の闇を見たね

どのメーカーも生産国は中国や台湾に
マレーシアだっけ?かな
大量生産できるんだよ
でもして居ない、農協の価格コントロール
と同じ原理

諦めかけた時、カンザキバイクを見つけた
救済の地、カンザキバイク 楽天市場店ですよ(笑)
オンラインショップの中では、こちらの店
入荷出来ない又は在庫で無い商品は
表示して居ない

在庫有ると書いて有れば偽りなしで
有る可能性大です。
他店は、酷い物でした。
問い合わせしても返事は来ないは
注文すると、在庫なし、類似品も無し
予約も受け付けない
として返して来る、商売する気あるのかぁ?
そして、ページは変更されてない
何時でも注文できる状態が継続されている
普通ならば、対応も面倒なので
在庫なし、受注できないと
するべきだが、何故かしない
如何にも商品がある様に見せて居る様に思える
この業界は他にも闇を感じる所が
多々あるねぇ


IMG_9654.JPG
そんなこんなで、私の元に来てくれた
ミニベロちゃんマンハッタンm451sdがこれです。
真っ黒、黒ちゃんですが、まぁ
これしか無いので、仕方が無いと言うか
この仕様の自転車が欲しかったので、OKです。
ポリッシュ仕上げのフレームは魅力的ですがね
すっぴん美人的な感じ

塗装が傷ついても、磨いてクリア塗装で
元通り完璧です。
色付いて居ると面倒です。

詳しくはm451シリーズの特徴を参照
して下さい。



IMG_9657.JPG
後姿はこの様な感じ
キュッとしまったシルエットがM451シリーズの
特徴ですねぇ
モデル体型?
擬人化するなぁ(笑)

この構造のお陰で衝撃が
大分緩和されている様で、尻の痛みは感じなかった
デザイン的にも高級感ある様に思える
高級である必要は無いのですがね
目的は、しなやかな自転車
アルミは疲れたよぉ

写真撮り忘れて居るけど
チェーンステーには「KHS USA」のロゴが
白字で有る
マンハッタンバイクとしているが
KHSのバイクだと言う事ですね。



IMG_9661.JPG
フレームはKHSが手掛けて居るようです。
パイプは
Reynolds520 クロモリダブルバテッド
0.8-0.6-0.8 と言う、10万の車体にしては
良い感じだと思う

「数字は、パイプ厚みですね
前後の接合部は0.8ミリで厚みを持たせ
中間は0.6ミリとして柔軟性と軽量化を図って居る
コレだけ薄くしても強度が保てるのだから
優秀な鋼材なのでしょう」

なので、部分的にシマノ・クラリス
以外が使われています。
逆を言えば、STIレバーとリアディレイラー以外は
何でも合うと言うのは誤解が有るが
極端な話、問題ないと言う事だね
世間では色々言われているが
真実は問題ないよとメーカーが
無言のメッセージを送って居る様に思える

余談的に中国のセンサと言うメーカーが
有名なメーカーから技術者を雇い入れ
設計したと噂のコンポが有るが
私が思うにサービス的に
フロントディレイラーが付いて居るけど
基本的にはSTIレバーとリアディレイラー
のセットの様に思える
これも同様のメッセージだと思う
これだけで11速化できるよって謳って居るしね
目を覚ませって

ホイールとクランクセットはQ2と言う
KHSの傘下のメーカ品
一応同じ米国メーカーです
株買われたんだろうねぇ
BB(ボトムブラケット)は分解して居ない為
不明
多分同じメーカー

ホイールは磁石付く所が多いので
スチール製か?もしかすると
ニップルが鉄なのかも?
分解して居ないので詳細は不明
下のモデルは普通のメーカー品の様なので
多分アルミ製、なので悩みどころですね。
何れにしてもフロントだけで
確か1.2キロあった様な、リアは更に重い
漕ぐのが疲れてくる、これが原因かも?



ブレーキ回り

IMG_9656.JPG
リアのブレーキ回り、メーカーは台湾か中国
だと思う、ディスクは鉄でしたので
追々シマノに変えると良いかもしれない
と言っても、シューとディスクを交換すれば
間違いなく性能は向上する

扱い易いワイヤー式なので、ある意味助かります。
メンテナンスが楽です。
油圧式は水冷PCと同じでメンドクサイ
イメージがある
実際水冷PCは面倒だ、冷える冷えると言う程
冷えないしねぇ
油圧式は、値段が高いし言う程軽くないのでは?
高価な部品を売る為のプロパガンダの
可能性が在る



IMG_9655.JPG
フロントブレーキ、こちらもディスクブレーキで
格好いいジャンよぉ
本来ある、カンチブレーキやキャリパーブレーキ
の場所には何も無いのです。
ダボは有るよ
なのでね、すっきりとしたシルエット
ゴテゴテ感が無い

と言う事から、解かるのが
汎用性を持たせたフレームがM451SDと
言う事ですかね
なので、当然ディスクブレーキの取り付け
金具も溶接済みで、グレードを上げる楽しみもある
中華?台湾?の為に若干ブレーキの
効きが悪い気がするが
それでも、キャリパーブレーキよりは効く
自転車を止めると言うより速度を制御する
と言う目的で設計されて居るので仕方が無いね
早い話レース用、サイクリング用ではない
ディスクブレーキで正解ですね

これからの時代は、ディスク化が進むと思う
当然ですよね、晴れている日だけ
走る訳でないし、突然の雨も有る
水たまりを通る事もあるだろう
その時に一気に効きが悪くなる
従来のブレーキシステムでは安心できない
ロード会では神聖視されているキャリパー
ブレーキも終わりの時代が来るね
信仰の時代は終わりです。


IMG_9652.JPG
ブレーキが使いにくいし、効きが悪いと
感じて居たのですが、STIレバーの調整方法が
合って、赤い〇の部分を締めこんでやると
レバーが手前に来てくれるので
ブレーキがしやすくなると同時に
ギヤーの変更もし易くなった。
サイズデカいよねぇ
どうやら、高級品なほどに
握りが細く成る様で
女性や手が小さい人は、STIレバーを高級品に
変更する必要が有る様で
無駄な出費がでます。
ワザとだろうねぇ

お求めは
カンザキバイク 楽天市場店

良い事だらけでない事は伝えて置こう
リアキャリアが使える様に思えない
ブレーキのユニットが干渉している
と言う事はだ、通常の泥除けは
付かないという話だ!
と言っても、最近の流行りは、
リアキャリアを使わずに
大型のサドルバックを使うのが支流らしい
キャリアー使った事あるけど、凄く重く
辛かったなぁ
荷物は乗るけどねぇ
そこで登場して来たのかも知れない
大型のサドルバック
あぁ
キャリアはミニベロ用が必要に成るねぇ(笑)
色々不便な所が出て来るね
でも、流行って来ている様で、メーカーも
対応せざるを得ないよ


乗り心地
m451tec-image3.png
メーカーページから拝借した画像

私が求めたミニベロのデザインにピッタリだった
レトロなホリゾンタルデザインに
ダブルバテッド・クロモリフレーム
衝撃吸収性が高い
そして、700cロードバイクに使用されている
サイズのホークという
フロントのタイヤとハンドルを繋げる
部品、これがハイテン鋼という、粘りと硬さを
両立した構造体には理想的な鋼材が使われている
曲げても戻るんだなぁ
普通の鉄は曲げると曲がったまま
ハイテン鋼は復元する
そのお陰で、腕や手に掛る負担が軽減されて
マイルドな走りを得ています。
石畳の道や荒れた舗装道路も突き上げる様な
衝撃を受けずに、気楽に走れましたね。

根強い人気でクロモリファンが多いのも納得です。
乗り手に優しいのです。

先ほども言いましたが
ミニベロでは、採用して居る所が少ない
ロングホークですね
これにより、ホイルスペースが若干伸び
キャスター角と言うのかな
それが多めでロングホークよる相乗効果で
直進安定性が普通のロードバイクと同等か
それ以上の安定性が得られている様に
私は感じました。
それでいて、小径車ならではの小回りも
見せてくれて、将来性を感じる自転車であります。

ただ問題点がある
使えるホイールが増えてはいるが、増えた所に
来てディスク対応ホイールでないと成らない(笑)
シマノさんでは、無いみたい。
幸運にも海外では有るので、助かりますね

おまけ話的に
もっと走りたいと感じるのが人と言う物だ
その為には、タイヤの幅を狭くすると転がり抵抗が
減って結果軽くなる訳だが
23cと言うタイヤの幅これが最小であるが
需要がない様で、一本4000円近い値段
結構高価なタイヤです。

無難に安く軽いホイールを買うか
タイヤを履き替えるか悩みどころですね。
6千円前後、安いだなぁ
タイヤの効果を検証するには、良いかもしれない
物理的に在るものは、試せるなら試して
検証するのが一番だ


パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [20×7/8]
ミニッツ ライト F2087
20インチ451に履けるタイヤです。
パナレーサーしか見当たらない事から
メーカー的には冒険的な試みなのだろう
と思われ、価格にも表れている
生産量も抑えてある為か結構いい金額

ミニベロロードとしては嬉しい選択肢で
これ履くと走りが多分だけど、化けるよ
三角形の攻撃的な感じが、走りそうな
予感を思えますね
カラーは、黒、赤、青がありますね。
白が無いのは無難な所かなぁ?
汚れが目立つから・・・
黒いフレームには映えるけど


普通に20×1 1/8(28C)相当で良いのだけど
乗った感じとしては、所謂タイヤが重いと感じだ
振動吸収性は高いけどね
パーツで分けて考えると
ホイールは、確かに重い
ハブもまぁこんなもんだろう
最後は、タイヤと言う結論だね
漕いでいて軽いと感じるのは
ホイールとタイヤだと思うんだな
だって、所謂タイヤを回して前に進む訳で
こいつが抵抗にもなる
勿論ハブも重要な要素だ

自転車の車体に注目しがちだが、重要なのは
一括りにタイヤだと思うんだなぁ
軽くてよく回るタイヤが漕いで進む
自転車となる
勿論、ギヤー比率が重要に成るし
エンジンに当たる、人が重要だ

私の足では、スプロケット11-30で
まだギヤーが3段残って居る
十分な性能かなぁ
必要ならクランクセットを外側53Tに
変更すれば、更に速度が出せるが
必要ないでしょ(笑)
レースして居るのでないから
私がして居るのはサイクリングです。
自転車レースではない!

これ以上の高級品はうん
将来的に11sにしたいので105に変える
程度だねぇ
中国生産の様で中国から買うと
1万から2万近く安く買える(笑)
黒しかないけどねぇ チャンチャン
シルバーが欲しければ、国内で2万追加して
買うしかない

これ以上のグレードはメーカの餌に成るだけ
いい加減に消費者の視点で物を作って欲しいね
何時までも目くらまししてないで
と思いました。


以上です
ではまた( `・∀・´)ノヨロシク
ありがとうございました。Victory of the Light

この記事へのコメント