HiCapaCustomGrip/ハイキャパ・カスタムグリップをFusion 360にて製作中

ハイどうもです
🐧村長です。
アイヌの語で
コタンコロクル と呼ぶらしいです。

コタンは村かな
コロクルは長なか


HiCapaCustomGrip/ハイキャパ・カスタムグリップ製作中
Autodesk社の Fusion 360と言う3DCADにて
製作しています。
モデリングソフトですね

123Dと同じ会社が作ったとは、少し思えない
感じですね
操作方法が異なるんだよね
それでも、アイコンは大体同じで
感覚的に馴染んできます。
当然123Dより多機能で、使い方が分からない
機能が山ほどある

123Dで出来ていたアノ操作はどうするの?
と言うのも多々あるが、見つけて使い方を思えるのも
面倒な反面、イメージ通りに出来ると楽しいね。
あぁこの様にするのかぁ
おぉ 出来た出来た
何て感じだ

専門書も高価で、ネット上に情報も余りないので
一歩一歩発見しながら、覚えて行く感じですね。
それでも、インタフェースが日本語に出来るので
理解し易いと思います。
是非、皆さんも、チャレンジすると良いですよ
Fusion 360は面白いぞ!


HicapaGrip.jpg

Autodesk社の Fusion 360は
プロが使うCADを素人限定で無償で使わせて
もらえると言う、素晴らしい会社です。

本来ソフトウエアやOSはこう在るべきなのです
企業にだけ、払わせれば良いのです。
ゲームソフトは別だけどね(笑)
素人ならではの発想と言う物もある
それを取り入れて、より使いやすい
ソフトウエアを開発できると言う物です。

マイクラなんて、MODをドンドン導入して
新たなマイクラに発展させている
フォールアウトやエルダースクロールで
有名なベネセタなんぞ、MODありきで制作され
ベネセタ側が気に入れば採用している
アマチュアが制作したMODが製品に
組み込まれる時代なのです。

さて話を戻そう
と言ったが、話らしいものが無い(笑)

HammerHousing.jpg


そうだね
何故作ろうかと思ったか?
グリップにヒーターを仕込みたかったのと
トリガーガードがグローブを装着し操作する事
前提で無い為に、スペースが小さいんだよね
それを広げ延長する事が目的
あとは、グリップの形状も、もう少し
手にフィットする方向で改善できない
かなと言う、思いでデザインして居る所です。

完成すれば、真冬でもガスガンが撃てる
事に成って居る(笑)
と言っても、工作の出来ない人がプリントして
ハイヒーター付きです
と言う事には当然ならない
あくまでも、素体的なモデルを作って居る
と言う事です。

そもそも、現段階では3Dプリントゆえに
プリント後の多少の加工は必要なのが現状ですね

プラモデルで例えるなら最低限の工程で
ランナーから切り離して
接着しパーティングラインを消し
サーフを吹いて、研磨して、クリーニングし
塗装そして、デカール張り、仕上げ塗装と
工程が山ほどあるでしょ
知らなかった?







Fusion 360は、無料体験版の期限を過ぎても
・学生または教育機関
・スタートアップまたは愛好家
私の場合下の愛好家ですね

仮にこれらを商品っかしても
10万ドル以下ならOKと言うんだよね
太っ腹過ぎない?(笑)
10万ドルってユーチューバー並みの利益だよ
ザックリ1千万円です。
当然レートによって変わるので大まかにね

正し定期的にアクティベーションを行う必要が有るが
簡単です。

こちらを参考に
https://fusion360.3dworks.co.jp/tutorial/licence/



以上です
ではまた( `・∀・´)ノヨロシク
ありがとうございました。

Victory of the Light

この記事へのコメント