進展アリ

お久しぶりです。
面白くなって来たよ

手製のコイルだと発熱がひどくて
悩んで居たら、アマゾンで吸着用の電磁石なのですが
見つけまして、最初はカタログスペックを信用して
1個購入、その後磁力が弱く使えないなぁ
ともう一ランク上の電磁石を購入し
動き出しまた。

IMG_8256.JPG
電磁石ソレノイド 10kg/ 22LB 12V 30mm マグネットリフティング 電気
AliExpress.com Product - 12V DC Sucked Type Electric Lift Lifting Holding Magnet Electromagnet Solenoid Lifting Force:P30/22 (22 LBS 10Kg)
Amazonで購入しても中国からの郵送の為、時間かかるのは同
Aliexpressから購入できる人は、こちらで注文した方が安いです。
15日から20日は待たされるけどね
問屋から買う様な値段で購入できる

到着した品物を使うと、グルグル回りだしました
しかも、12Vバッテリーで回して居ると
おやおや、電圧が復帰しだしたぞ
そう、発電もして居るのです。
要するに永久に回り続ける事が可能だと言う事です。
これをコンデンサーで後日テストし
回り続ければ成功

開始の電圧は12.55それが徐々に上がり始め
写真の電圧にまでに上昇しだした。
勿論、電気はマグネットで消費して居る
その一方向では電気を生み出している訳
フェイクで無くてチャンと動きますよ
永久機関は実在する


IMG_8258.JPG
見た目悪いですが(笑)
これがその装置です。

IMG_8259.JPG
電圧をテスターで計測しながらの試験運転
バッテリー電圧 12.61Vまで回復

負荷を掛けた状態で発電電圧は14V~15Vにほって置いたら
上昇して居るので、そのまま放置すれば16Vも可能だろうと思う

今回のは動力と発電側それそれ、電気的に
独立して居る訳、面白いよ
まぁともかく、動いてる、その報告です。

静電気を発生機と静電気で回るモーターに
コイルを組み合れば、同じ事が起こる
追々その実験も行いたいと思う。
将来的に大気から電気が取り出せる、かもしれないね
知っての通り稲妻は大気中で発生する
電気は、そこら中に在るんだよ

ではでは、また次回

あぁそうそう、フライトシム用の
新型スロットルレバー&スイッチパネル
大方出来たね^^
それも後日、公開

IMG_8250.JPG

8個のボリュームを追加すれば、ミキサー、ピッチを
制御でき4発式のレシプロ機も手動で飛ばせるよ
あなた次第という品物
私は、EliteDangerousに特化したパネルを組み合わせたが
色々アイデア次第だね

では本当に 終わります。


この記事へのコメント