実験記録 コイルの形状と磁石

お久しぶり
実は若干萎えていた(笑)

今回は効率の良いコイルを求め模索している
内容を少しお見せして
同士の参考に成ればと思う

フリーエネルギーは
日本以外で世界的なムーブメントと云って
差し支えない印象を持ちます。

前回は思い切って直径1.2mmにて制作してみたが
塩梅は最悪であった
回転数を6000回転とかに上げれば
目標値に到達しそうだけど
1000回転程でハッキリ言って
じゃかわしい 喧しいわ
と言う事で却下

エンジン等の轟音が好きな方が居るので
そういう人は、気に成らないと思う
私は苦手です と言うか
この世から消えてなくなれ
失礼

前置きはこの辺で終わり
写真を見ていただきながら
説明して行く
IMG_7585.JPG
試作品に使った部品を撮影したもです

コイルはご覧の様にスイーツの様な三角形
磁石は長方形です
20X10X5だったかな
磁束密度を低価格で求めたら
この形状に行き着いた訳

数種類を試している最中だけど
一つ手光明が見え始めたので
フリーエネルギー研究
大学も国もやらねぇなら
俺らで遣ろうと言う同士に報告したくなった。






光明とは?なんだよ!

えぇ
あの三角形全体で電気を発生させているのでなく
黄色い枠で囲った、所で多くの電力を得られると
判明した、写真のコイルは300RPMで0.3Vと
確かに低いのですが
指で回せる回転数であり、適度な回転音がする
回転数帯なのです
煩くない限界が、いい所600RPMだろうね

さらに重要な事があった
コイル間の幅です
写真のコイルは内側の一番広い所で30ミリ
長さは約40ミリ
その広い30みりから15ミリ辺りまでが
効率よく電気が発生した。
収束点に近くなると0に近くなる

そして、磁石とコイルをサンドイッチすると
勿論、空間は開ける
そうすると磁力が増して、発生する電力も増す
コイル線は0.6 巻き数は忘れた
おおよそ280%から300%かな?
電圧は最大で1.1~1.3vでたね
写真は?
無理だよコイルを掴みながらの
軸を必死に指で回しのテスターを眺めているんだから
笑っておいてくれ

千手観音じゃねぇし
インドの神様のカリー神
じゃある前し 無理だよ
同じ神じゃないかな 違うかもだけど
似てるでしょ
名前はどうでもいい

さてコイルだ
磁石は高さが5ミリより10ミリと言う感じだね
磁力の強さが重要だと言う事らしい

しかしこれでは目標値には届かない
その目標値とは?
発電機として使える電圧は
無負担で17Vから20Vと踏んでいる
負荷かが掛かって14Vから16Vなら良好
12Vバッテリーだと言い12vでは充電できないのです
アンペア数も必要4Aは欲しいね
充電される最大アンペア数だからです。
要するにソーラーパネルのスペック表を参考にすれば
良いのですよ
システム的には風力発電とソーラー発電の間を取った
感じだからです。
実際は違うけどね
イメージ

なのでコイル一個あたりが0.3vでは
コイル何個必要になるやら・・・・
そうしたら、円が大きくなるのだ
1メーターなんてシャレに成らない
ここは狭い日本だぞ
精々30センチ程度でしょう
なのでコイル一個あたり2V欲しいなぁと
思うが、アンペアー数との戦いになる
どういう事かと言うと
コイル線の直径が細いほど、流せる
電流が少なくなり、電圧は得らる
耐久性も低くなるだろうね
負荷が掛けられない
太いとの祖逆で電流は流せるが電圧が得られず
耐久性も上がる

しかし使用する用途、回転数と合わせる道がある
なので、決めた方が良いです
例えば100RPMから300RPMで無負担18Vとね
多分300RPMから600RPMで落ち着くと思うけど
一応目標値を定めた


よって、参考にした資料が

この方のブログもあります。
mabofarm
http://mabos-world.blogspot.jp/
ブログでも参考に成りますが、購入して分かった事は
著書には、ブログに書かれていない情報があります。
それが結構重要だったりする!

ここで伝える訳もいかないので
買って頂く他ないだろうね。

えぇい そんなの、めんどくさいジャン
と言う方は、
この様な物が海外では買えます
AliExpress.com Product - 600W generator for wind turbine use

まぁ後は荒業だけど洗濯機のモーターを使う
確かに海外では140Vとか出てて
100v作れそうだけど・・・
動画見せましょか?
https://www.youtube.com/results?search_query=Washing+machine%E3%80%80Generator
色々ありますよ

家電に使うにはシッカリとした整流器が必要そうです。
純正弦波を作り出す必要があります。

なので私は既存の自己完結型のソーラー発電システムを
流用する事をお勧めする
一般の電力会社依存型でなくてね
自分で作って自分で消費する
自己完結でしょ?






発電で得た電力は一度
太陽電池充放電コントローラーで管理する必要がある
国内メーカのコントローラです。


バッテリーはディープバッテリーと云われる種類で
マリン用が良い
自動車用は、万が一バッテリーの電力を使い切ると
バッテリーが死にます。
俗で言うバッテリー上がり


インバーターは国内メーカで対応も確りしている
GOODGOODS社の 純正弦波 インバーターが手頃で良いね
買って用意してある
本格稼働はしてない


金額的には6万から10万で極悪電力会社に依存しないで
電気のある生活を過ごせる
さぁあなたは、どちらを選ぶ?

世界一部の人々は選択済みの様だ
勿論、脱原発
これが世界のムーブメントだ!

この記事へのコメント