"prusa i3 3Dプリンター組み立て"の記事一覧

自作3Dプリンター:PRUSA I3 Z軸のキャブリエーション(調整)方法

配線も其れなりに、できた事でしょう まだ済んでいない人は 説明書と同じ場所に配線の写真がるので それを見ながら作業を進めてください。   では 3Dプリンターで重要に成るのがZ軸であり ホットエンド ノズルの設置角度にノズル先端とベットの隙間 重要な要素です。 ノズルの設置角度は 今回は組み立てキットなので問…

続きを読むread more

自作3Dプリンター:PRUSA I3 可動部品組み立て後編

今回でprusa i3 全体像が見えてくる事になりますので ワクワクしながら組み立てて行こう! ワクワク ウキウキ しない人は、向かない 多分メカに弱いでしょう? 縦のフレームを固定する、三角形のプレート まだビスは閉めないで 真ん中より後ろ気味に仮置きして置こう これは、モーターブラケットと縦フレームを固…

続きを読むread more

自作3Dプリンター:PRUSA I3 可動部品組み立て編

前回少し、可動部品を組み立てましたが 今回は3Dプリンターらしい 姿にして行きます。 Z軸の可動部分を組み立てます。 リニアベアリング リニアブッシュ とも呼ばれてる 部品とリードスクリューと言う ネジの様な部品 これらを取り付けます。 スクリューナットと呼ばれる 真鍮部品はビス二本で十分だと思う ヤスリを…

続きを読むread more

自作3Dプリンター:PRUSA I3 フレーム組み立て編

prusa i3 2016年モデルの組み立てを行います。 まずは、フレームを組み上げる事になりますが アルミフレームなので、極端な話 如何の様な組み合わせでも組めてしまうので 迷いどころです。 説明書どおり、長いフレームと短いフレームを用意し 長いフレームに挟み込むような形で短いフレームを 組み立てて行くのです…

続きを読むread more

PRUSA I3 2016年モデル買ってしまった

メンデル型が原型なのでしょうか 一つの基本形に成ってる3Dプリンター prusa i3 このモデルの特徴がX軸かと思われます 後は、20mmアルミフレームを採用している点ですね そして、基盤が一体型でステッピングドライバーを交換できる 基盤が一枚物なので、マイコンチップも冷やせる 熱暴走に悩まされてますので、…

続きを読むread more

PRUSA I3 MKS GEN 80 MM FAN BRACKET

PRUSA I3 microcomputer MKS Gen パルサーI3 アルミフレーム取り付け用の FANブラケットを製作してみた。 80mmと言うサイズのPCに使うFANを流用 目的は、風量と静穏化 一般的には、知られてないでしょうが 例えば、同じ風量を確保するのに 小さい程、高速で回転させる必要がある 回転数…

続きを読むread more