ラジオ波で電気は起こる

ペンギン村から、おはこんばんわ 村長です(笑) 最近ぺんぎん村長さん増えて困りますねぇ まぁ私と言う一、一人の存在が撹乱されていいけどね だれが、どの、ぺんぎん村長なんだぁ 分身術です(笑) 「ぺんぎん村長」と検索してみて 増えているから、以前はペンギン軍曹と総帥 位しか居なかった。 軍曹と総帥は多分同じ人 飛び級で出世したんだよ(笑) 相当武勲挙げたんだね …

続きを読む

新素材フィラメント:PETG樹脂製フィラメント・レビュー、その接着剤、溶剤は?

おはこんばんわ ぺんぎん村長です。 動画編集をし出すと4Kモニターが欲しく成りだした この頃ですが、ホビー3Dプリンター界に 新たな風です。 今までも数種類のフィラメントが出てきましたが PETG樹脂製フィラメント PETポリ・エチレン・テレフタレートにグリコールを 混ぜた物らしい まぁ簡単に言えば強化ペットボトルですね なので透明度と光沢があり 曲げに強いです。 …

続きを読む

TL-Smoother PLUS振動波除去を試してみた。

TL-Smoother PLUS振動波除去 成る物を組み込んで改修を試み それをレポートする 写真は購入元から拝借 回路はシンプルで、整流ダイオードと 万能基盤またはユニバーサル基盤と少しの根気が有れば 何方でも作れる。 であるが、作れるくせに、面倒なので アリババグループのallexpressにて購入した。 4個セットを購入 一個は予備かな?…

続きを読む

立体カタカムナ文字を3Dプリントで模型を作成

オハコンバンワ ペンギン村の3Dペンギンです(笑) 最近ツンデレペンギンの存在が確認さ その浄化に努めている(笑) 訳分からんジョークはさて置いて タイトル通り 立体カタカムナ文字を3Dプリントで模型を作成 して見たね 仕上がりは、満足いくものでは無いし 仮に5個プリントしアクリル絵の具で色を付けて見た 視認し易く成った。 そして模型としての問題点が浮上 方向…

続きを読む

EliteDangerous:自作コクピット

うんちゃ オハコンバンワ 本日はEliteDangerousの為にフライトコントローラーを 数年かけて造っておりますが お陰てゲーム自体は進まない(笑) 気が付けはバージョンは3.2?まで進化して居る これはね、見事なスパイラルに嵌まり込んで居る としか言いようがない ここまで足を踏み入れて居ると、後には引き下がれんのよ 完成するまでやり抜くさぁ 旧作も有るが、既製品…

続きを読む

ヒートヘッドビルドシート

オハコンバンワ ぺんぎん村長です。 Mamorubot社 3Dプリンター ヒートヘッド用、ビルドプラットフォーム ビルドシート 2枚入りのレビュー 長い名前の商品を試してみた。 名前から見当がつくつ思うが3Dプリンターに使う 物で造形物との吸着し剥がれを防止するシートなんだ 結論から言うと非常によく張り付き剥がれにくいです。 暫くと言…

続きを読む

進展アリ

お久しぶりです。 面白くなって来たよ 手製のコイルだと発熱がひどくて 悩んで居たら、アマゾンで吸着用の電磁石なのですが 見つけまして、最初はカタログスペックを信用して 1個購入、その後磁力が弱く使えないなぁ ともう一ランク上の電磁石を購入し 動き出しまた。 電磁石ソレノイド 10kg/ 22LB 12V 30mm マグネットリフティング 電気 AliExpress.…

続きを読む

3Dプリンターの修理完了

久々に記事を書く事にする 予定通りに事が進まないのは世の常 発電機も進まないね、新たな案が有るのだけど それを試す事にして居るよ 確かにね小さな電力で大きな電力を作り出す事は出来ているが コンデンサーで動き続けて初めて成功と呼べると思う そう自立して動いているとは言えない現状で YouTube動画の様なトリックなしに稼働させたい訳 はれてフリーエネルギーと呼べよう さて…

続きを読む

バッテリー式ヘッドトラッキングを自作 PS3_Eye DYI_HEADTRACKING

PC上で頭の動きに合わせてカメラを動かす ガジェットを以前も作ってあるのですが まだ問題があって、電線がねぇ 非常に、うっとうしい と感じていた訳 しかしいい案が浮かばず放置して居た 打開策の切欠は 昨年遅れに、マイクロヘリコプターなる ラジコンヘリを購入した。 その時に追加購入したのが社外品の リチュームポリマー通称リポを購入して居た その電池は3.7Vで1セルタイ…

続きを読む

3Dプリンターが燃えた!?

テイヘンダていへんだ プリント中に火災だぁ 幸い大事には至りませんでした。 何が起きたかと言うと、ヒーターが ヒートヘッドから取れ落ち プリント中の部品を溶解させ、引火まで引き起こし 一定温度で電力の供給が止まる設定に成って居る為 280度だっかな、その温度で止まります。 ポリカーボネイトはプリントしなく ABSメインなので260度、程どで良いのかも知れない その…

続きを読む

ELSA ドームスクリーン

どうもさんです ぺんぎん村長でごぜぇますだぁ フリーエネルギーの関係でモーターを探していて 秋月電子から購入した訳で、ブラケットを新規に プリント中です。 でチラシが毎回付いてくるのですが、そこで 目に留まったのがドーム型スクリーン成る商品 へぇって調べてみると、当然玩具程度ではあるが その関連で、自作PCユーザーなら目にした事が有る ELSAと言うメーカから商品としてあれ…

続きを読む

XK-K6プロポをドレスアップカスタム

うんちゃ ぺんぎん村長でごぜねぇますだ 今回はK110マイクロヘリを購入したのですが XK-K6プロポをドレスアップカスタムして見ました。 腕前は上達には先が長い状況 調整が上手く行かなくてね プロポ(送信機)の設定を弄りすぎたかな 初期化できるようようなのでしてみようと思う その前に見た目を変えてみた。 フックバンドを3Dプリントして 1…

続きを読む

3Dプリントで作ったブックスタンドBook_stand

本日はブックスタンドを3Dプリントし 使い心地も悪くないので皆に公開だぁ 本を参考にしながら書く事をして居ると 目の前にスタンドが欲しくなる 買うとそれなりにするので、ならば作ってしまえ 作りました。 STLを探していて、有るにはあって 試しにプリントしたら、簡単に倒れ 少し問題が有ったので、改良しましたらOK OK 市販のは出来ない角度も調整できるし 問題ないレベル…

続きを読む

温度湿度計スタンドSTLデーターTHERMO-HYGROMETER-STAND

※以前書いた記事を再編集した記事です。 * It is an article which re-edited the article written previously. 温度湿度計スタンド Amazonで探しても、値段が高く感じたり デザインが気に入らないなどあると思います そこで、私は3Dプリントする事に決めた そして出来上がっったのが温度湿度計スタンド 計器はシンワ測定…

続きを読む

ベルトテンション-3Dプリント部品 BELTTENSION

※以前書いた記事を再編集した記事です。 * It is an article which re-edited the article written previously. ベルトテンションを調整する部品 シンプルで調整可能な ベルトテンションのプリントデーターを 探したのですが、見つからず 自分で123Dデザインしましたよ 何故か、海外の方は、大げさで、汎用性が無く 自分の…

続きを読む

ヘッドトラッキングを自作 PS3_Eye DYI_HEADTRACKING  オクトトラックOPENTRACK対応

※以前書いた記事を再編集した記事です。 * It is an article which re-edited the article written previously. カメラはPS3_Eyeで赤外線フィルターを付け 赤外線発光LEDをトラッキングする仕組の ガジェットを自分で作ってしまおう! ヘッドトラッキング ガジェットを幾つか製作しました。 Do you say th…

続きを読む

マイクロヘリ用 ボールリンクペンチ リンケージ脱着工具自作

本日はリンケージ脱着工具 マイクロヘリ用ボールリンクペンチ リンケージ脱着工具を100均ダイソー工具で自作 DYIしてみました。 基になる工具は意外と安い 100均のダイソーにて購入 100均だけに仕上げ処理がされてません それでも構わん 今回は素体として購入だからね 素体は平ペンチミニ なぜ作る事になったかと申すと 単純に売ってない マイクロヘリ用は販売され…

続きを読む

自家製発電機制作 03:ギヤードモーターにて実験

どうもさんです ギヤードモーターをアマゾンから購入し 実験を再開しだした訳ですが、一応バッテリーへは 充電が出来ているようです。 購入したギヤードモーターは550RPM のタイプを選択した。 計測すると480回転だっけな まぁ多少なりとも負荷が有るのでね そんなものだろう uxcell ギアボックスモーター 金属 電子部品 電気モーター DC 12V 550RPM …

続きを読む

自家製発電機制作 02:小さな無限起動機は小さな変化を起こし巨大な力を倒す

結論から話すと順調ではない 一応に組み上がったが、写真の様にジャンクの塊だね(笑) 問題はステーターを回すモーターの問題で発熱が悩みの種 デタラメな手巻きコイルの為、発熱が凄い それで、同じ構造を維持しながら、代わりの品を求めると ソレノイドか電磁石となる訳 ソレノイドも発熱が問題の様だ 電磁石は消費電力が問題 それで辿り着いたのが、再びDCモーターですが 手持ちのは、…

続きを読む

3Dプリンター用フィラメントのシリカゲル乾燥箱による定期メンテナンス

※以前書いた記事を再編集した記事です。 3Dプリンター用フィラメントで、パッチ と言う音や ブツブツした、表面に成っていましたら フィラメントの乾燥不足です 乾燥箱は、ものすごく簡単です。 密閉容器を購入し、シリカゲルをドヤァと放り込むだけ 簡単でしょ 実際は、丁寧に^^ こちらの容器は、スプール3巻き入ります。 二、三種類のフィラメントを併用するなら これで十分…

続きを読む

フィラメント湿気対策/密閉容器で除湿する方法

フィラメント湿気対策 密閉容器で除湿する方法 日本だと、湿気との戦いになります 意外と知られないけど プラスチックは湿気を吸収し 紫外線に弱い 蛍光灯の明かりを直に受けている所は ボロボロです。 そして、冬場でも、加湿器を使い 室内を閉めっきりに、している率が高いので 湿度が上がりやすい 外出先から帰宅すると、メガネが曇ります これは、室外より室内…

続きを読む

フィルパターン(FillPatten)を分析

※以前書いた記事を再編集した記事です。 フィルパターン(FillPatten)を分析 最も強度が出せるパターンは、どれなのか 実際に25ミリ角2ミリ厚を底と天井を0として プリントしないように、出力した結果を 個人的な見解で結論を出せたらと思います。 プリントされた、造形物は未だプリンターが 不調の時にプリントしたの物で正確なパターンを 造形できていない、事も踏まえて観て…

続きを読む

自家製発電機制作

新年開けまして、おめでとうございます 今年もガンガン3Dプリントして行きます フリーエネルギーを得ようと奮闘して居る訳ですが 途中経過をお届け 部品が揃ったので組み立てに入って居る所です。 ステーターコイル 三相なので直列3枚作りました。 33度ずらしてある 軸を支える外側の部品です。 ステーターもそうですが自分で穴をあけるのは …

続きを読む

3Dプリンター冬対策、ヒートベッド加熱時間短縮

※以前書いた記事を再編集した記事です。 pulsar型 RepRap3Dプリンターに限った話ではないすが ヒートベッドの加熱に時間がかかって 困っている人も居ると思われます。 原因はヒーターの下に保温がされてなく 下らか熱が逃げてしまい 効率よく加熱できない事が原因として挙げられます ではどうしたら良いのか? 防寒着を着せてあげればいい では無くて、保温ですね そ…

続きを読む

3Dプリント中の積層がズレとプリント中の急停止、対策

※以前書いた記事を再編集した記事です。 季節は3Dプリンターにも 辛いらしく、熱暴走、加熱停止、等のエラーを 出しては、プリントが停止し、そのまま動かない 気温が32度を超えると確実に暴走を始める さらに、止まらずに積層のズレが起こるのです これが困る 一応樹脂を関係ない方へ垂れ流しながら 動いているから質が悪い モータードライバーの電圧を下げると トルク負け…

続きを読む

3Dプリントの反りを減らす方法

※以前書いた記事を再編集した記事です。 メーカー製のプリンタは知りませんが 3Dプリントの課題の一つ 少し大きなものをプリントすると ヒートベットから剥がれ、反りだして来る現象 在りますよね マニュアル的には、Raftにチャックを入れて 基礎として置いてやるのと、Brimを入れるか足すか すると改善する それでも不足する場合、試してみて下さい。 原因は 層を重ね…

続きを読む

ヘリコプター始めましたpart1「Phoenix5 :RCフライトシミュレーター」

ヘリコプター始めましたpart1「Phoenix5 :RCフライトシミュレーター」 ラジコンと言うと、このご時世ドローン、ドローン とまぁ誰しもがドローンに憧れる でもさぁ、どこが面白いのか分らない 動画見ていても、猛スピードで走り抜けて 競争して居るだけ、競争が面白いのだろうね でもそのスピード競争がつまらない 芸術的でクレイジーな挙動を見せてくれるのが 3D飛行す…

続きを読む

ブラウンガスHHO発生器の作り方

ブラウンガスHHO発生器を自分でも作って 楽しんでみたいアナタ ブラウンガストーチを作りたいアナタ トーチの作り方はノーマーク 発生器の作り方をシェアします。 先ずこれを作成またはプリントする 直径2ミリのステンレスワイヤーを2.5メートル二本を用意 この様に内側の穴から ステンレスワイヤーを通して行く 一穴、一穴とばさずに通して行く…

続きを読む

HHOガス発生器 ブラウンガス

うんちゃ 作ってしまったよ「ブラウンガス発生器」 前々回、設計した物に少し手お加え 3Dプリントした支持体に 直径2mmのステンレスワイヤーを 穴に通す、通す、通すを内側から繰り返し 巻きあげた訳です。 作り方は次回として実験の記録を残します。 物はこれだけ、今回は重曹を使いました 電気は9VBOX型の電池 解けなくなる量まで、重曹を入れたが入れ過…

続きを読む

進捗状況コイル巻きと三相交流発電機の概要図

どうもどうも 全国のフリーエネルギー制作の有志の皆さん 居るのか?、居るんじゃねぇ? と自問自答 今月は真の歴史の探求は休息を取り こちらに精を出す いい加減、完成へ向けてピッチを速めます 現在は設計が決まり、素材の選定も済み ねじ類の注文を出しました 極力、磁力の影響を受けない干渉しない素材を 選定して居ました。 1号機は鉄を使ったので、五…

続きを読む

HHO発生器(水素発生器)実験機、CG構想図

ブラウンガスとかで話題の装置ですが 交合ガスは使いません 水素だけが欲しい 簡単に作れるらしいのですよ 大まかに装置の仕組みは理解できたので 設計してみた訳 色々設計し結論はドライ方式は面倒だ コストがかかる、ゴムが劣化して定期点検が必要だそうで ダメじゃん 様々な方が制作した発生器を参考に以下の物を 考えてみた。 ワッシャーとの間を作りながらワッシャーを重…

続きを読む

最良のマグネットとマグネットワイヤー(巻線)

フリーエネルギ個人研究の実験結果です。 事の発端は原発の惨事ですが 色々調べて一番実用的で機材のない素人でも 作れる品物と言ったらコレしかなかった(笑) 所謂、エアーギャップ発電機やコッキングレス発電機 と言う名称で呼ばれて居る 主に風力発電で使われている発電方法なんですね 勿論、電極になるブラシも使わない 発電機なのに抵抗も少なく 弱い力で回せる発電機なのです もう一つ…

続きを読む

ミニットマンロケットストーブ Minuteman Rocket Stove

Minuteman Rocket Stove ミニットマンロケットストーブ とは一体なんぞや ミニットマンは米国独立戦争当時の民兵を示す 言葉だそうだ 別名:ミニッツメン あぁ フールアウト4のぉ そうそう(笑) あれね 一番真面な派閥 次のワードは ロケットストーブはロケットの様に炎が 吹く上がる事からでしょう 高温で排気される事で煙も燃焼するので 排気口から…

続きを読む

波動コイル

私がいろいろ学んだ結論は 波動や思考は電気的な物です。 電磁波ですね。 脳波計で測れるのですよ! 詳しくは、記事を読んで頂きたい 波動と高次元の謎 宇宙は重力が支配的であるかのように 思えるけど 実は電気が支配している これ学問であるのですよ 電気宇宙論て小難しい理論です。 別の方はプラズマ宇宙論とも言って居ます。 ベースは電気宇宙論です ダークマターの網目も電…

続きを読む

実験記録 コイルの形状と磁石

お久しぶり 実は若干萎えていた(笑) 今回は効率の良いコイルを求め模索している 内容を少しお見せして 同士の参考に成ればと思う フリーエネルギーは 日本以外で世界的なムーブメントと云って 差し支えない印象を持ちます。 前回は思い切って直径1.2mmにて制作してみたが 塩梅は最悪であった 回転数を6000回転とかに上げれば 目標値に到達しそうだけど 1000回転…

続きを読む

3Dプリンターでフリーエネルギープロジェクトpart3

フリーエネルギは実在する これを証明する実験を行って居ますが その実験機2号機を作って居ました。 1号機は電力を作り出せる事は判明したのですが バッテリーに充電するまでのアンペアーが足りてないと 判断し、ではアンペアーを上げれば良い そこで今回は1.2mmのエナメル線を使用 いっきに倍の太さです。 倍の電気を流せると言う事でしょうかね 大雑把ですが、そんなもんだろう その…

続きを読む

3DプリンターでフリーエネルギープロジェクトPART2

3Dプリンターでフリーエネルギープロジェクト あれから順調に進んみコイルを追加しまして 厚みは10ミリでテストした結果 20ミリと大差ない結果を得たので厚みは10ミリに決定し 9個を作成しました。 と言う事は届いていると思われた、磁力線が 届いて居なかったと言う事ですね 厚さは薄く、幅広めで巻き数を稼ぐ手段が良いようです 今回加えている、電圧は2.4vで12vを出せると判明 …

続きを読む

3Dプリンターでフリーエネルギープロジェクトpart1

3Dプリンターでフリーエネルギープロジェクト この手の分野は揶揄(やゆ)、愚弄(ぐろう) 罵倒(ばとう)散々な言われようをしてきている だがだねぇ直感で間違いなく可能だと確信していた 現実的に、この手の技術が一般化されたら同なりますか? 真剣に考えて下さい。 そうです エネルギー産業が大打撃を受ける 国家は、この手の産業から多額の税金等を受け取っている 政治家もしかりで…

続きを読む

Ciclop 3dスキャナーDIYキットを組み立てる

Ciclop 3dスキャナー DIYキットを購入した と言う事で組み立てて行きたいと思います。 だがしかし、組立説明書等は一切なく 完成写真すらないという 海外輸入の海外製品らしい特長も在ります。   販売ページ内の動画を参考にしたが工作が苦手な方は 無理だろうと思った。   分解図を見れば、組み立ては出来そうですが…

続きを読む

自作3Dプリンター:PRUSA I3 Z軸のキャブリエーション(調整)方法

配線も其れなりに、できた事でしょう まだ済んでいない人は 説明書と同じ場所に配線の写真がるので それを見ながら作業を進めてください。   では 3Dプリンターで重要に成るのがZ軸であり ホットエンド ノズルの設置角度にノズル先端とベットの隙間 重要な要素です。 ノズルの設置角度は 今回は組み立てキットなので問題ないです ノズル先端とベットの隙間をZ軸の キャブリエ…

続きを読む

自作3Dプリンター:PRUSA I3 可動部品組み立て後編

今回でprusa i3 全体像が見えてくる事になりますので ワクワクしながら組み立てて行こう! ワクワク ウキウキ しない人は、向かない 多分メカに弱いでしょう? 縦のフレームを固定する、三角形のプレート まだビスは閉めないで 真ん中より後ろ気味に仮置きして置こう これは、モーターブラケットと縦フレームを固定する コーナーブラケットを仮止め 御覧の状態で…

続きを読む

自作3Dプリンター:PRUSA I3 可動部品組み立て編

前回少し、可動部品を組み立てましたが 今回は3Dプリンターらしい 姿にして行きます。 Z軸の可動部分を組み立てます。 リニアベアリング リニアブッシュ とも呼ばれてる 部品とリードスクリューと言う ネジの様な部品 これらを取り付けます。 スクリューナットと呼ばれる 真鍮部品はビス二本で十分だと思う ヤスリを掛けし 強く押し込まないと入らない為 無理して4本は不要…

続きを読む

自作3Dプリンター:PRUSA I3 フレーム組み立て編

prusa i3 2016年モデルの組み立てを行います。 まずは、フレームを組み上げる事になりますが アルミフレームなので、極端な話 如何の様な組み合わせでも組めてしまうので 迷いどころです。 説明書どおり、長いフレームと短いフレームを用意し 長いフレームに挟み込むような形で短いフレームを 組み立てて行くのですが、写真を参考に作業して下さい。 一度、間違え…

続きを読む

PRUSA I3 2016年モデル買ってしまった

メンデル型が原型なのでしょうか 一つの基本形に成ってる3Dプリンター prusa i3 このモデルの特徴がX軸かと思われます 後は、20mmアルミフレームを採用している点ですね そして、基盤が一体型でステッピングドライバーを交換できる 基盤が一枚物なので、マイコンチップも冷やせる 熱暴走に悩まされてますので、手持ちのマイコンも 変更したいですね。 型番は追々 分か…

続きを読む

PRUSA I3 MKS GEN 80 MM FAN BRACKET

PRUSA I3 microcomputer MKS Gen パルサーI3 アルミフレーム取り付け用の FANブラケットを製作してみた。 80mmと言うサイズのPCに使うFANを流用 目的は、風量と静穏化 一般的には、知られてないでしょうが 例えば、同じ風量を確保するのに 小さい程、高速で回転させる必要がある 回転数が多く成ればなる程に、作動音も 多くなる 即ち 喧しくな…

続きを読む

3Dプリントした造形物の補修方法 自作ABS樹脂接着剤 活用法

プリントしていると、最初は順調だけども、途中から そっくり返り フィラメントと時間に電気代が無駄に成ってしまう 何てこと無いですか? 「えぇ 台からの反りかえりは、カプトンテープに ABS樹脂をアセトンで溶解させ 薄めた液体を塗布すると、これ如何やって、剥がし取るんだよ と言うくらい、良く着きますので、お試し下さい。」 在りますよね 直りそうな物を補修をして居る…

続きを読む

【自作】ABS樹脂接着剤&ABS樹脂液体パテ ABS-ADHESIVE

強力なABS樹脂専用 接着剤を作る方法を 見つけました。 別に市販のABS樹脂接着でも構わない しかし 更に強力な専用接着剤を 自作しようという試みです。 その名は、ペンチャクザイ 駄洒落 失礼しました。 作り方は、100斤で購入できる 蓋が金属のガラス製の小ビンを購入 アセトンを用意(アセトンは、アマゾンから買えます。) 500ml容器では、こちらがよ…

続きを読む

デアゴスティーニ